ブランド品を現金化するメリットとデメリット

クレジットカードを使って現金化をする方法はいくつかあります。
その中でもブランド品のバッグや服などをクレジットカード買ってから現金化することもできますので、メリットとデメリットについて紹介していきます。

ブランド品を現金化するメリット

ブランド品を買ってから現金化するメリットは、中古の商品でもある程度の値段がつくということです。
数十万円以上の高いブランド品の場合は、中古であっても売れることが多いようです。
ですので、自身で買って使ってみて飽きてきたら売ることで現金を手にできることがあります。
また、金額の高いブランド品を買えば、販売店からのポイントの還元などがついて、安い商品よりも実質的にお得に買えることもメリットです。

ブランド品を現金化するデメリット

ブランドを買ってから現金化するデメリットは、どれ位の値段で売れるのか分からないことです。
ブランド品は質屋などの買取専門店で査定をしてもらい現金を手にすることが一般的です。
どの商品がいくらで買取をしているのかは、買取専門店によってばらばらですので、納得のできる値段で現金化できるのが苦労することが考えられます。
さらに、買取専門店ではホームページを持っていないお店もありますので、どれ位の値段で売れるのかイメージしづらい状況です。
多くの買取専門店に電話をして、買取価格の条件の高いところを探すのはすごく大変なことかもしれません。

消費者金融よりも現金化の方が安全

もう一つデメリットはあります。

それは、ブランド品によっては買取価格が安くなってしまうことにありません。
ブランド品でもメーカーやサイズや色などによって買取価格が変わってくることになります。
時期によって人気のある商品は変わってくることもありますので、思った以上に現金を手にできない可能性が十分にあります。
新品の商品でも、買った価格の半値近くで売らないといけないこともありますので、ブランド品を現金化する際には十分に注意する必要があります。”